FXCM

オリックスFXの特徴


オリックスFXは素人向きにうまく商品をピックアップしているところが特徴といえるでしょう。

また、他社と比べても片道2銭と手数料が安く、スプレッドにおいては3銭というのも魅力といえます。

取り引きの種類も幅が広く、その上すっきりとまとめられているので、希望の取り引きを探すのに迷うということがありません。

取り引きの判断に大切な為替チャートもとても見やすく、トレーダーの間ではツールも使いやすいと注目の的となっています。

取扱う通貨ベアに関しては、他社と比べて数が多いというわけではありませんが、内容的には評判の高い通貨が採用され充実しています。

信託保全も完備されており、ユーザーがとても安心感を得られるFX企業ではないでしょうか。

老舗ならではの経験に裏打ちされたサービスとサポートが用意されているオリックスFXは、トレーダーに満足な取り引き状況を用意してくれるでしょう。

FXチャートの読み方


FXに限らず、株でも為替でも同じですが、投資のような先がはっきりと見えないものでは何かを指標とするケースが多くあります。

基本的には安いものを買い高くなれば売りに出すということですが、指標になるものがあればよりよい売買ができるといえます。

売買には何を指標とすればよいでしょうか。

FXトレードの指標となるチャートについて説明してみたいと思います。

チャートとには様々な種類があります。

日々の値動きを表すもの(日足チャート)や週の値動きを表すもの(週足チャート)、それに5分単位での値動きを表すもの(5分足チャート)等です。

自分の投資スタイル、期間に合ったチャートを見ることが大切です。

チャートを見てFXトレードをするに当たって注意しなければならないのは、チャートの値動きを判断のすべてとしないことです。

ときには大きな課題が発生したりしてチャートを無視した動向が起きる場合もあるからです。

チャートはあくまで指標として、売買の判断するうえでの目安と考えるのが良いでしょう。

FXの儲け方


FXや株や先物はギャンブルと一緒だという意見があります。

本来副業であったはずのFXなのに、いつの間にか本業そっちのけでのめりこんだり、射幸心に引きずられて、自分を見失ってしまう人もいることは事実だと思います。

そしてお金を儲けるというのは、いつの時代でも定職について社会貢献をした対価としての給料こそが、本来の姿だと思います。



しかし、一方で社会に金を回すという意味からも、働いてお金を得たら、今度はそのお金に働いてもらうというのが、正当なFXなどの姿ではないでしょうか。

さらに、ダウ理論の項で説明したとおり、相場にはあらゆる事象が関与するという原則からしても、FXを始めるということは、世界をグローバルな目で見る力を養うことにもなると考えます。



もちろん資産保全のため、年金暮らしの不足分を稼ぐためという目的もあるでしょう。



FX初心者の方がFXを始めるに当たっては、不安もあると思いますが、そもそも完全に安全な資産保全術などは存在しないのです。

ペイオフは解禁となり、かの郵政ですら分割民営化されて、金融部門の赤字化が懸念される現在、リスク分散としての資産の外貨分散は、もはや常識であると言えます。

FXは単に資産保全として口座を開いてもよいですし、デイトレやスワップポイントで細かく稼ぐもよし、積極的にもうけに出てもよしと、それぞれの人の資産管理方針に対してプランが様々用意されているというのが強みです。


元手10万円足らずで、大きな資金運用ができるFXこそ、現代の錬金術にして資産保全術であると私は信じています。

FX初心者の皆さん、ぜひともFXへの第一歩を踏み出して、お金に働いてもらって稼ぐことを検討してみてください。

FXの魅力


「FX」とは、日本語では「外国為替証拠金取引」といいます。
外貨取引を中心とした資産運用プランです。
FX初心者向けにFXの魅力や株取引との違いについて説明して行きたいと思います。

まず、FXは小額の投資で簡単に始められるということが挙げられます。
株取引だと自己資金として最低でも数十万円は必要ですが、しかし、FXでは1万円からはじめられる場合もあります。(一般には10万円くらいです)
少ない資金で大きな取引ができるということで、資金運用の入門としては、株より手軽かつ簡単で、外貨預金よりは大きく儲けることができるのです。

続いて、FXは24時間取引が出来るということが挙げられます。
株の場合は取引時間が9時から15時までと決まっていて、その間中、PCの複数モニターに張り付いて相場の動きを追い続けるのは、極度の神経の集中を必要としますし、昼に働いているサラリーマンにとっては副業としてやるのは難しいですよね。
時折、勤務時間中に会社のPCで株の相場を見ていてクビになった人の話を聞いたりします。

FXの場合には、相場が動くのは日本時間の夕刻と言われており、これだったらFX初心者サラリーマンでも、勤務時間終了と同時に帰宅して、相場をチェックして売り買いが出来ますし、夜間の突然の相場変動にも対応できます。
一日中PCの前に張り付いている必要はないので、FX初心者でも楽ですし、資金運用入門としても最適で簡単です。

株との違いをもうひとつ挙げると、取引銘柄がほぼ決まっているので楽だということです。
円、米ドル、カナダドル、ユーロなど多くても20種類程度の銘柄に限られます。
FX初心者はわざわざリスキーな国の通貨に手を出す必要はありません。
ドルやユーロなら安心です。
対して株の場合には、主要銘柄だけでも相当数にのぼるので選択が大変ですし、当然リスキーな銘柄もあるわけです。
資金運用初心者にとっては、キツい部分が多いのは否定できません。
FXでは数種類の銘柄から選んで、相場の変動を見ながら売り買いをして為替差益で儲けることが出来るのです。


【ふとん丸洗い】月間MVP受賞!!羽毛布団でも1枚当り3325円安心お布団クリーニング【3】枚
商品価格:9,975円
レビュー平均:4.64


FXの魅力 ローリスクで安全運用


FXは、株取引に比べて断然楽で、FX初心者にとっても敷居が低い資産運用法であることは、前項でご説明したとおりですが、そのほか決定的に株と違うのはローリスクが基本にあるということです。
株の場合、昔から良く言われることですが、企業の業績が基本にありますから、2007年に多発した偽装表示などの不祥事や、外的、内的要因によって、保有株が一夜にして暴落して大損してしまうことがあります。

それに対して、FX(外国為替証拠金取引)は、外貨の為替取引が基本ですので、もちろん為替相場の下落によって、一時的に小額の損をすることはありますが、まさかEUが一夜にして破産するなどということは、まずあり得ないことです。
つまり株に比べてローリスク・ローリターンなのです。FX初心者でも安心して取引が出来ます。
ハイリスクなものはハイリターンなのは、世の中の理ですが、もちろんハイリスクを引き受けるだけの経済基盤がある人なら良いのでしょうけど、一般の人は怖過ぎて手を出しかねる面があるかもしれないですね。

さらに、FXは為替相場が下がっても利益を出すことが出来ます。
株が「買い」という行為からスタートするのに対して、FXは「売り」という行為から入ることが出来るのが特徴です。
たとえば、1ドル=110円で1万ドル(110万円)売ったあとに、1ドル=100円 になれば(100万円)、買い戻して10万円の儲けです。
もちろん、逆に「買い」という行為もありますので、たとえば 1ドル=100円で1万ドル(100万円)買ったあとに、1ドル=110円 になれば(110万円)、10万円の儲けです。

このように、為替相場が上がっても下がっても、利益が出せるというのもFX初心者にとっては安全ポイントと言えるでしょう。


人気のフタ付きバスケットが、円高還元でお安くなりました。円高の間の期間限定です。【送料無料】フタ付き収納バスケットS&Lセット【フリル・内布付き】
商品価格:2,840円
レビュー平均:4.78


FXの魅力 資産保全のため


数年前から2007年問題と言われてきた、団塊世代のリタイアで、退職金の有効運用を考えている人は多いと思います。
こどもがまだ独り立ちしていない場合には、学費/養育費、さらにはマイホームのローン返済などの使途もあるでしょうが、だぶついている資産を漫然と定期預金にして老後の蓄えにしているのは、少々不安があります。
この原稿を書いている現在、原油価格の高騰で、物価はじわじわ上がって来ましたし、現在は円高ドル安だからいいものの、為替相場の変動で円安に転じたら、さらに生活は深刻な影響を受けます。

今の時代、資産保全の見地から見ても、資産を分散して、かつ円以外の様々な外貨で保有しておくことはもはや必須と言えます。
もし、退職金を含めた資産が3千万円あるとしたら、ペイオフを考慮して、たとえば、円で1千万円、ドルで1千万円、ユーロで1千万円という風に分散しておけば、万が一日本経済が壊滅しても、生活して行けますし、外貨預金やFXで資産運用ができます。
FX初心者でもすぐ始められるのが魅力です。

FX初心者なら、ドルとユーロで外貨保有している資産の1割程度を原資として運用するのがよいと思われます。
FXの場合は利子がつくので、それほど夢中になって運用しなくても、日々相場をチェックしていて、相場変動が激しくなって来たら、売り買いの取引を始めればよいのです。
FX初心者を卒業して慣れて来たら、徐々に取り扱い金額を増やして行きましょう。

私も会社をリタイヤしたら、資産を円と外貨で分散して運用し、物価の安いタイかフィリピン辺りでFX生活しようかなぁと考えています。

以上、資産保全としてのFXについて、まとめてみました。



FXの魅力 主婦にもオススメ


FX(外国為替証拠金取引)は、少ない資金で始められるリスクの少ない資金運用です。
10万円程度ではじめられるのですから、主婦の副業としてもオススメです。

とはいっても、生活のためにやるのでは面白くありませんから、とりあえず、ブランド靴を買うとか、欲しかったあの服を買うとか、目標を定めて外貨取引を初めてみるということです。
FX初心者ならドルかユーロが良いでしょう。

主婦の才能の1つは、お金の計算に細かいことです。ということは、男性なら相場変動なしと考えるような細かい変動に対しても取引できるということです。
こういっては失礼かもしれませんが、専業主婦なら時間はたっぷりあるので、FX初心者があっという間にベテランになることも考えられます。
万が一、損失を出しても、日々の生活やりくりで補填できるのも、主婦の強みでしょう。(笑)

さらに、主婦の皆さんにもオススメな理由として、FXは手数料が安いということです。
ここでいう手数料とは円と外貨の両替手数料のことですが、たとえば円をドルにすると、1ドルあたりの往復手数料は外貨預金で2円、外貨MMFで1円に対し、FXでは無料〜20銭と非常に低額です。
つまり1万ドル(100万円)を動かしても、2000円程度の手数料です。10万円程度の取引なら、200円ですね。

FX初心者にとっての魅力のひとつは、この手数料の安さにあるんです。
わずかな相場変動でも安心して金を動かせますからね。

私はドイツの某出版社の輸入代理店も営んでいますが、仕入れの際の送金手数料と両替手数料の高さにはいつも泣かされます。FXなら500円程度の手数料なのに、2500円以上もかかってしまうんです(泣)

話がそれてしまいましたが、とにかくFXは主婦にもオススメ!
主婦のお小遣いを増やして消費に貢献するためにも、ぜひトライして欲しいですね。



FX取引の証拠金について


FX(外国為替証拠金取引)がどのように行われているのかについて、FX初心者に分かるように5回にわたって説明して行きたいと思います。

FX取引では最初に証拠金をFX取引業者に預けることによって取引が開始されます。
外貨預金や外貨MMFのように取引金額の全てを自己資金でまかなうのではなく、一種の担保のような資金をFX業者に預けて取引を行うのです。
証拠金の額は、最低1万円、一般的には10万円くらいが相場のようです。

この証拠金に対してレバレッジをかけることで、預けた証拠金の10倍から最高200倍までの取引が可能になります。
レバレッジの倍率は業者によって異なりますが、最高レベルで見ると、10万円の証拠金に対して最高2000万円の取引がおこなえることになるわけです。
この点がFXの魅力でもあるわけですが、FX初心者の場合はいきなり高いレバレッジをかけてしまうと、当然応分のリスクも負わねばならないですから、最初は10倍程度の低いレバレッジで練習してみて、FX取引の概要をつかむことから始めるのが得策です。

慣れて来て、FX初心者を卒業する頃になったらレバレッジの率を上げて行けば、より多くの額の取引が可能になります。

なぜ、このような仕組みになっているのかというと、為替レートは一般的には変動率が小さいので、特にキャピタルゲイン(為替差益)で儲ける場合には相当数の資金がなければ、大きな儲けが出ないからなんです。
相当数の資金を自己資金でまかなうとなれば、FXを始められる人はぐんと減ってしまいます。
それで一種の信用取引きのような形で証拠金を預け、レバレッジをかけることによって、FX初心者に対する敷居を低くしているんですね。


松田哲、清水昭男/著作、ナレーター『マーケットの魔術師 〜日出る国の勝者たち〜Vol.02(松田哲編)』
商品価格:840円
レビュー平均:0.0


FX取引の為替差益について


FXで行われる取引には、大きくわけて、「キャピタルゲイン」と「インカムゲイン」の2つがあります。
ここでは、FX初心者向けに、その概略と違い、使いわけ方について説明したいと思います。

まず、キャピタルゲインは、日本語では「為替差益」で儲けることを言います。
為替差益は、FX取引の基本です。いわゆる株の相場差益に相当するもので、大きく儲けるにはキャピタルゲインを中心にすえる必要があるのです。
理由は、インカムゲインの項で説明しますが、金利のみで儲けようとしても、為替レートがほんの少し変動しただけで、利益がふっとんでしまい、損はしないが儲けもでないということになりがちだからなんですね。
これでは、FX初心者は全然面白くないですよね。

もちろん資産保全のために外貨口座を開設しているのなら、まずは為替差益で儲けるキャピタルゲインを中心にすえるべきです。

そのキャピタルゲインですが、仕組みを言ってしまえば簡単で、要するに「安く買って高く売る」ということです。
これは株でも一般のビジネスでも原則は同じです。
ただし、FXが株や商取引と違うところは、為替レートが上がっても下がっても儲けが出せるということが挙げられます。
言い換えれば「高く売って安く買う」という取引が出来るんです。

というのは、株や商取引が「買い(仕入れ)」から入るのに対して、FXは「売り」から入ることができるからなんです。
たとえば、 1ドル=120円で1万ドル(120万円)売った場合、1ドル=110円になったとき1万ドル(110万円)分を買い直せば、10万円(120万円-110万円)の利益が出ます。

このように、FXのキャピタルゲインは、相場高、相場安の両面から攻めていくことができるんですね。
FX初心者は、まずキャピタルゲインの練習からはじめるべきでしょう。
後で書きますが、バーチャルFXというゲーム感覚で出来るサービスがありますので、そこで練習してみるのも賢い方法です。


デイトレード
商品価格:2,310円
レビュー平均:4.63


FX取引で得る利息収入について


FXの魅力の一つはインカムゲイン(利息収入)があることです。
もっとも、利息収入については、普通の外貨預金や外貨MMFでも同様ですが、FXの場合、利息を日々受け取れるということと、スワップポイントと言って、通貨間の金利差を利用して稼ぐので、利率が高いのが特徴です。

ただし、FXは外貨預金とは違って、積極的に儲けて行く投資ですから、FX初心者とはいえ利息収入に安住するのは好ましくありません。
というのも、1万ドル(120万円とします)に対して年利5%の利息がつけば、利息収入は年6万円になります。
複利で運用できますから、10年後の利息収入は約75万円になります。

これはこれで結構な資産運用で、実は日本でも20年くらい前までは普通のスーパー定期預金でも、これくらいは稼ぐことができたのです。
現在の日本の涙もでないような低金利政策が長く続くからこそ、FX投資が流行するわけですが、じつはインカムゲインまたはスワップポイントには、不安定要素が2つあります。

ひとつは、為替相場の変動です。
上の例で見ますと、1万ドルが120万円から100万円に下落した場合には、20万円の含み損が発生しますので、おおむね予定していた利息収入の4年分くらいは食いつぶしてしまいます。
さらに利息収入も減る訳ですから、上の例だと含み損も含めて10年間の利益は半減してしまいます。

もうひとつは、通貨銘柄の相手国の金利変動です。
FXのインカムゲインは自国と相手国との金利差を利用して稼ぐ訳ですから、相手国の利率が下がれば、インカムゲインも下がります。

このように、インカムゲインだけでのんびり儲けようとすると、相手国の金利変動までチェックしなければならず、FX初心者には簡単なようで、実は難しくて割に合わないのです。
なので、常に為替相場はチェックしていて、キャピタルゲインで着実に稼ぐのを基本にして、インカムゲインは特典として考えておくのが、FX初心者だけではなく、全てのFX資産運用家にいえることでしょう。


・楽天ランキング2位入賞♪ [JJ、CLASSY掲載☆8000個完売]  69%OFF!送料無料LANEVE イントレチャート セレブバッグ メッシュバッグ【ランイヴ ランイブ 鞄 カバン】
商品価格:6,980円
レビュー平均:4.4

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。